運転免許を取得するための方法を教えます

合宿免許で運転免許を取得する方法についてご説明いたします

日別: 2017年7月3日

運転免許の取得方法

車を運転できることにはたくさんのメリットがあります。郊外の大型スーパーへ行くこともできますし、子供や老人の送り迎えにも車があると便利でしょう。日本では、20代から40代の約8割以上の方が運転免許を持っています。では実際に、運転免許を取得するために必要なことは何でしょうか。

最初にすることは、取得する免許の種類を決めることです。免許の中には普通自動車運転免許だけではなく、大型や特殊車両を運転するためのものもあります。また、普通車を運転するに際しても、MT車とAT車限定のどちらの免許にするのか決めなくてはいけません。

取得する免許が決まったら、ほとんどの人は教習所に通いますが、ここでは自分でスケジュールを決めて勉強を進めることができます。学科と実地を並行して学び、教習所では仮免許までを取得して、免許センターでの学科試験に臨みます。通う期間は3か月から、長くて半年程度で大半の人が卒業します。

また、合宿で免許を取る人もいます。この場合は決められたスケジュールをこなすことで、平均して2週間程度で学科と実技を終えることができます。ただしその間は合宿所に宿泊しなければいけないため、社会人や子供を抱えた人には難しいかもしれません。しかし費用は教習所よりも安いため、学生の中にはこの合宿で免許を取る人も大勢います。

教習所と合宿にはそれぞれ異なった点があります。こちらのサイトで詳しく説明していますので、ぜひご覧になってください。