運転免許を取得するための方法を教えます

合宿免許で運転免許を取得する方法についてご説明いたします

運転免許の種類

一口に運転免許といっても、さまざまな種類があります。一般的に「免許を取る」といった場合には、一般車を運転する目的であるのが普通でしょう。しかし世の中にはトラックやフォークリフトなどの特殊な車両もあり、そうしたものを運転するにも免許は必要なのです。

簡単に、運転免許にはどのような種類があるかご説明します。

まず、一般的な車を運転するために必要なのが普通自動車免許です。これを取得すると、軽自動車から普通乗用車、原動機付自転車を運転することができます。ただし、以前はこれで2トン車にも乗れたのですが、2017年3月12日以降に免許を取得した人は、2トン車には乗れなくなったのでご注意ください。

ちなみに、4トン車以上の車を運転する場合には中型以上の免許が必要になります。トラックなどに乗る場合には、中型もしくは大型の免許が必要になり、普通自動車運転免許を持っている人でも別途取り直さなければいけません

ほかにも、フォークリフトなどの特殊車両を運転するには特殊自動車免許が、牽引車に乗る場合にはけん引免許が必要になります。

このように、用途によって取得する免許は変わりますが、一般的な車に乗る場合にはさほど迷う必要はありません。挙げるとすれば、MT車も運転するのか、AT車限定の免許にするのかといったことくらいでしょうか。

MT車とAT車の違いは、ギアチェンジの際にクラッチを使うかどうかということです。しかし最近ではほとんどの車がAT車なので、限定免許でもさほど支障が出ることはありません。スポーツカーを運転したいなど、車好きの方でなければMT車免許にする必要性はそう高くはありません。

Previous

Next