運転免許を取得するための方法を教えます

合宿免許で運転免許を取得する方法についてご説明いたします

合宿で免許取得

自動車免許を取得するには、合宿という方法もあります。泊まり込みで教習を受け、学科と技術を学ぶのですが、教習所よりかかる費用が安いため、こちらを選ぶ人も大勢います。ただし合宿免許の場合、2週間程度泊まり込みで学ぶ必要があるため、まとまった休みが取れる人でないと難しいのが現状です

ちなみに学ぶ内容は、教習所に通う場合と変わりません。適性検査を受け、学科と実技を勉強します。一つ違うのは、合宿ではスケジュールは自分で自由に組むことができない点でしょうか。

教習所では、予定に合わせて授業の日付を選択することができます。そのため仕事をしたり、授業を受けたりしながらでも運転免許を取得することができますが、合宿ではそうはいきません。定められたスケジュールをこなし、期間内にカリキュラムを終える必要があります。

しかし教習所の多くは、都市から離れた郊外にあることが普通です。実技で公道を走る際に、都会の交通量の多い道より、多少なりとも運転しやすいことがメリットにはなるでしょう。

合宿免許にかかる費用は教習所よりも10万円ほど安いことが多く、20万円から25万円といったところが相場です。短期間で費用を抑えて免許を取りたい人には、メリットの多い方法です。

「関連サイト」http://www.menkyo-takumi.com/
合宿免許情報を掲載している“免許の匠”です。

教習所で免許を取る

多くの人は、運転免許を取得するために教習所に通います。合宿という方法もありますが、まとまった休みが取れない人には少々難しいでしょう。教習所のカリキュラムは、自分でスケジュールを組むことができるため、予定に合わせて学校に通うことが可能です。

教習所では、学科と実技といった二種類のカリキュラムをおさめなければいけません。学科では交通法について学び、実技では実際に車を運転してその技術を習得します。しかし運転といっても、免許を持っていない状態なので、最初は教習所のコースを走るだけです。

実際の車道を走るのは、いくつかの過程をパスし、仮免許を取得したあとになります。仮免許の状態で車道を運転し、卒業検定に合格し、そしてようやく運転免許センターでの学科試験になります。この試験に合格すると、晴れて運転免許が授与されることになるので、公道でも一人で車を運転できるようになります。

教習所に通う期間は人それぞれですが、学科のカリキュラムは初回から9か月以内にすべてを終了させなくてはいけません。だいたいの場合が半年から一年で卒業、免許センターでの試験といった流れになります。

かかる費用は、平均的に30万円から35万円程度です。ただし、過程に合格できない場合、追加費用がかかることもあるので、多少多めに見積もっておいた方がよいでしょう。

運転免許の種類

一口に運転免許といっても、さまざまな種類があります。一般的に「免許を取る」といった場合には、一般車を運転する目的であるのが普通でしょう。しかし世の中にはトラックやフォークリフトなどの特殊な車両もあり、そうしたものを運転するにも免許は必要なのです。

簡単に、運転免許にはどのような種類があるかご説明します。

まず、一般的な車を運転するために必要なのが普通自動車免許です。これを取得すると、軽自動車から普通乗用車、原動機付自転車を運転することができます。ただし、以前はこれで2トン車にも乗れたのですが、2017年3月12日以降に免許を取得した人は、2トン車には乗れなくなったのでご注意ください。

ちなみに、4トン車以上の車を運転する場合には中型以上の免許が必要になります。トラックなどに乗る場合には、中型もしくは大型の免許が必要になり、普通自動車運転免許を持っている人でも別途取り直さなければいけません

ほかにも、フォークリフトなどの特殊車両を運転するには特殊自動車免許が、牽引車に乗る場合にはけん引免許が必要になります。

このように、用途によって取得する免許は変わりますが、一般的な車に乗る場合にはさほど迷う必要はありません。挙げるとすれば、MT車も運転するのか、AT車限定の免許にするのかといったことくらいでしょうか。

MT車とAT車の違いは、ギアチェンジの際にクラッチを使うかどうかということです。しかし最近ではほとんどの車がAT車なので、限定免許でもさほど支障が出ることはありません。スポーツカーを運転したいなど、車好きの方でなければMT車免許にする必要性はそう高くはありません。

運転免許の取得方法

車を運転できることにはたくさんのメリットがあります。郊外の大型スーパーへ行くこともできますし、子供や老人の送り迎えにも車があると便利でしょう。日本では、20代から40代の約8割以上の方が運転免許を持っています。では実際に、運転免許を取得するために必要なことは何でしょうか。

最初にすることは、取得する免許の種類を決めることです。免許の中には普通自動車運転免許だけではなく、大型や特殊車両を運転するためのものもあります。また、普通車を運転するに際しても、MT車とAT車限定のどちらの免許にするのか決めなくてはいけません。

取得する免許が決まったら、ほとんどの人は教習所に通いますが、ここでは自分でスケジュールを決めて勉強を進めることができます。学科と実地を並行して学び、教習所では仮免許までを取得して、免許センターでの学科試験に臨みます。通う期間は3か月から、長くて半年程度で大半の人が卒業します。

また、合宿で免許を取る人もいます。この場合は決められたスケジュールをこなすことで、平均して2週間程度で学科と実技を終えることができます。ただしその間は合宿所に宿泊しなければいけないため、社会人や子供を抱えた人には難しいかもしれません。しかし費用は教習所よりも安いため、学生の中にはこの合宿で免許を取る人も大勢います。

教習所と合宿にはそれぞれ異なった点があります。こちらのサイトで詳しく説明していますので、ぜひご覧になってください。